/

イズミヤ、反日デモの被害1億円 業績への影響は軽微

イズミヤの坂田俊博社長は2日記者会見し、中国の反日デモの被害額は合計で1億円程度だったとの試算を明らかにした。「ほとんど保険で補償される見込みなので、業績に与える影響は軽微」(坂田社長)という。内訳は直営部分の店舗設備や商品の被害が3500万円、テナントが3400万円、休業に伴う損失が3000万円。

被害があったのは店舗の1階部分のみだったため、すでに店舗の一部で営業を再開しており、今月中には全面的に復旧する見込み。

同日発表した2012年3~8月期連結決算経常利益が13億円となり、前年同期に比べ15%減った。昨年開業した中国の蘇州店が伸び悩んだ。資産除去債務などに関する特別損失が減ったため、最終損益は3億円の黒字(前年同期は1億円の赤字)だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン