2019年4月24日(水)

ユニクロ、高機能品で海外攻略へ 中国生産は堅持

2012/9/27付
保存
共有
印刷
その他

国内売り上げが伸び悩むユニクロにとって、ヒートテックはアジアなど海外市場開拓の戦略商品でもある。今秋冬シーズンは、ヒートテックの販売枚数に占める海外比率を昨年の10%から15%に高める計画。10月からはニューヨークなど世界の主要5都市でヒートテックを無料配布し、認知度向上につなげる考え。

発熱保温という「技術革新を追求した」(ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長)ヒートテックは「H&M」など欧米の競合チェーンにはない商品。「服は部品である」というブランドメッセージを海外の消費者に伝えやすく、競合との差異化につながるとみている。成長市場のアジア開拓や苦戦する欧米のテコ入れを図る。

ただ、中国では反日デモの影響で、ピーク時に60店で営業を休止した。現在は全商品の75%を中国で製造しており、生産面でも懸念が残るが、今後の生産計画については「方針転換は全くない」(柳井会長)という。中国での生産拠点を堅持しながらバングラデシュやミャンマーに生産網を広げ、中国以外の生産比率を現在の25%から33%まで高めていく考えだ。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報