ファミマ、タイで店舗倍増 現地大手と提携し1500店
16年めど 現地運営会社の株5割強売却

2012/9/24付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ファミリーマートはタイの流通最大手、セントラル・グループと提携し、同国でのコンビニエンスストア事業をテコ入れする。現地の運営会社の5割強の株式をセントラルに売却し、同グループの物流網や商品調達力を生かして出店を加速。現在約750店の店舗数を、2016年末までに1500店へ倍増させる。タイではセブンイレブンが現地の大手財閥と組んで独走しており、ファミマはパートナーを得て追い上げる。

ファミマはタイ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]