/

この記事は会員限定です

イオン、中国に省エネ型店舗 電力使用量3割削減

[有料会員限定]

イオンは中国で、電力使用量を従来に比べ約3割抑えた環境配慮型の店舗を展開する。空調などの電力使用量を適正に制御する機器を導入する。同社は中国で積極出店する方針で、国内で培った節電手法を活用し低コストで店舗を運営する仕組みを築く。

まず既存のショッピングセンター(SC)と総合スーパーの全36店を2014年度までに省エネ型に転換する。空調や照明、冷蔵ケースで使う電力の無駄を減らす制御装置を導入するほか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り312文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン