/

この記事は会員限定です

雇用の受け皿 拡充急ぐ 復興道半ば 現場からの提言(4)

[有料会員限定]

東日本大震災では多くの企業が被災し、従業員の解雇などで雇用情勢は一時悪化した。現在は被災企業の再建や企業進出、復興需要などで岩手、宮城、福島の3県の7月の有効求人倍率はいずれも1倍を超えた。ただミスマッチなどの課題も残る。雇用の現状や対策などを2人に聞いた。

正社員募集掘り起こし ハローワーク大船渡所長 伊藤忠雄氏

岩手県大船渡市、陸前高田市、住田町を所管するハローワーク大船渡では昨年5月、4758...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1250文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン