/

この記事は会員限定です

水産、加工業の再建に遅れ 復興道半ば 現場からの提言(2)

[有料会員限定]

東日本大震災で壊滅的被害を受けた水産業。1年半が経過し、漁港や漁船の復旧は進み、水揚げ量も回復してきた。だが原発事故による風評被害は依然残る。水産加工会社の中には工場を再建できず、休業中に販路を他社に奪われた企業もある。水産業の復興には何が必要か、2人に聞いた。

行政は風評被害払拭を 小野食品社長 小野昭男氏

水産加工品は震災前、ホテルの朝食用や弁当の具材での需要が多かった。だが震災で供給できなくな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1258文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン