ひろしま産業振興機構など、超高周波音で居眠り運転防止

2012/9/1付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

広島県の外郭団体、ひろしま産業振興機構(広島市)は超高周波音を活用した居眠り運転防止システムを開発する。オーディオ部品メーカーや大学と連携。人間が超高周波音を聞くと脳が活性化し、居眠り運転のほかうつ病などを防止する効果も期待できる。5年以内にインターネットを通じて、超高周波音を含む音楽を受信できる自動車搭載用装置の商品化を目指す。

科学技術振興機構から助成を受け約8億円を投じて整備した広島大学霞…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]