北九州の工業地帯にレタス工場 プール水耕でライン生産

2012/8/16付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

モノづくりの街、北九州市の響灘地区。大手企業の工場などが立ち並ぶ大規模工業地帯だ。西部ガス子会社、エスジーグリーンハウス(同市)も同地区に立地するが、周囲とは趣が異なる。作るのは工業製品ではなく、レタスだ。

2007年にレタスの生産を始めた。1万平方メートル強の敷地に、長さ40メートルのプールを設置。水耕栽培で無農薬レタスを栽培している。種まきから収穫までの期間は45日で、1日当たりの収穫量は約…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]