愛媛県、猛暑に強い水稲へ転換推奨 全農と連携

2012/8/15付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

愛媛県はJA全農えひめと連携し、高温に強い水稲への転換推奨に乗り出す。全農えひめは昨年から暑さに強く、食味や収量でも優れた新品種「にこまる」の試験栽培をしており、県は今年の結果をみて新たな奨励品種に採用する見通し。県内の各JAなどが農家に苗を供給する。県内の主力品種「ヒノヒカリ」が猛暑の影響で近年、品質が低下し、農家から新品種を求める声が出ていた。

全農えひめが昨年、県農林水産研究所の指導を受け…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]