/

この記事は会員限定です

空気中の蒸気から飲料水 フリーダム、1時間に最大100リットル

[有料会員限定]

省エネルギー製品を研究開発するフリーダム(横浜市)は、空気中の水蒸気から飲料水を作る装置を開発した。1リットルの水を作るのに必要な電気料金は3~4円で、1時間に最大100リットルの飲料水を作ることに成功した。自治体の災害時の備蓄や水資源が乏しい発展途上国などでの需要を見込む。

同社が開発した装置「ミラクルウオーター」は、セ氏4度に冷やした冷媒にファンで強い風を当てて空気中の水蒸気を結露させ、水を作...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り221文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン