/

広島駅南口Bブロック再開発、16年3月完成目指す

広島駅南口Bブロック市街地再開発組合(広島市)は再開発計画の概要をまとめた。家電量販大手のビックカメラが出店する商業施設やマンションなどで構成する全体の延べ床面積は約12万4800平方メートル。2012年度中に着工し、16年3月末の完成を目指す。

駅の南口では隣接するCブロックでも再開発の計画が進んでおり、2件の大型プロジェクトが始動する。

組合は広島市に、土地所有権を再開発ビルに出店する店舗などに置き換える権利変換計画の認可申請書を提出した。

計画によると施設は地上52階(地下2階)の西棟と同10階(地下1階)の東棟を建設する。

西棟にはビックカメラのほか市の施設、ホテルや住宅が入居。東棟は店舗や駐車場で構成する。住友不動産などが事業の主体となり、総事業費は約353億円を予定している。

Bブロックに隣接するCブロックは地上8階の商業棟と同49階の住居棟で構成。エディオンが家電量販店「デオデオ」を出店するほか、スポーツ施設などが入居する予定。12年度に着工し15年度の完成を目指す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン