/

この記事は会員限定です

東急百貨店、中国で合弁 商業施設の運営を支援

[有料会員限定]

東急百貨店は中国本土で商業施設の開業・運営支援に乗り出す。湖北省武漢市に拠点を置く不動産開発企業と提携して合弁会社を設立。2014年に開業予定の商業施設の品ぞろえや販売促進などで日本流のノウハウを提供する。同社が中国本土に進出するのは初めて。国内市場が縮小するなか、中国市場開拓の足場を築く。

10月に設立予定の合弁会社は「武漢東急百貨商業管理」(武漢市)。武漢市を中心に不動産開発やホテル、レストラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り357文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン