/

この記事は会員限定です

ファミマ、新店半数に飲食コーナー 外食需要取り込み

[有料会員限定]

ファミリーマートは2013年度から、新店の半分以上に「イートイン」と呼ぶ飲食コーナーを設ける。客は購入した弁当やデザートをその場で食べることができる。店舗を従来より2割程度広げ、入れ立てコーヒーや無料でインターネット接続できる無線LAN(構内情報通信網)も導入する。カフェなど外食店の顧客を呼び込み、集客競争で優位に立つ考えだ。

イートイン導入店は現状で約400店あり、12年度は約50店、13年度は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り743文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン