/

この記事は会員限定です

麻生、福岡県にメガソーラー 九電に売電

[有料会員限定]

九州を地盤に建設関連や医療事業を手掛ける麻生(福岡県飯塚市)は福岡県に所有する土地3カ所に出力計5千~6千キロワットのメガソーラー(大規模太陽光発電所)を設置する。投資額は約15億円。再生可能エネルギーの全量買い取り制度を活用し、全量を九州電力に売却する方針だ。約1400~1700世帯の消費電力をカバーできる計算。麻生は太陽光発電事業に本格的に参入する。

九州では九州電力が今夏の計画停電に備えるな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り249文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン