/

この記事は会員限定です

高速取引、米で警戒論再燃 証券仲介ナイトが誤発注で巨額損失

[有料会員限定]

【ニューヨーク=川上穣】米証券仲介大手ナイト・キャピタル・グループの誤発注による巨額損失が波紋を広げている。同社の自動売買システムに問題があったため、市場ではコンピューターによる高速売買への警戒ムードが再燃してきた。5月のフェイスブック上場の取引障害でも高速取引が混乱を広げた面があり、米国では規制論も浮上。効率的な売買と安全な市場をどう両立させるかが課題になっている。

「取引ソフトウエアの問題で大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1042文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン