2019年2月20日(水)

再生エネ買い取り制度、家庭負担は5年後月400円 電中研試算

2012/8/3付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

太陽光など再生可能エネルギーでつくった電気を固定価格で全量買い取る制度による国民負担は買い取り条件に変更がなければ、5年後には年間で1兆2000億円になるとの試算を電力中央研究所(東京・千代田)の研究者がまとめた。再生エネによる電気を買い取った費用は電力会社が8月分の電気料金から消費者や企業に上乗せするが、初年度の5倍の水準に膨れる可能性もある。

電中研の朝野賢司主任研究員の推計によると、1キロ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

訂正> 2日0時56分に公開した「再生エネ買い取り制度、家庭負担は5年後月1000円 電中研試算」の記事で見出しに「家庭負担は5年後月1000円」とあったのは「家庭負担は5年後月400円」の誤りでした。記事中、年間国民負担と月間世帯負担の試算額が15年に「1兆2600億円、約400円」、17年に「3兆300億円、約1000円」とあるのはそれぞれ「7300億円、約240円」「1兆2000億円、約400円」の誤りでした。(2012/8/3 19:36)

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報