/

この記事は会員限定です

製紙各社、古紙買い取り価格1割下げ 8月分から

[有料会員限定]

製紙各社は製紙原料の古紙の買い取り価格を8月1日分から引き下げる。段ボール古紙や雑誌古紙の買い取り価格は7月上旬比で1割程度安くなる。製紙会社の古紙在庫が膨らんだうえ、アジアの古紙価格が低迷している。原料価格の下落で今後、板紙など製品価格に影響しそうだ。

日本製紙や王子製紙が問屋から古紙を買い取る価格(問屋店頭渡し)は段ボール古紙が7月上旬比で2円(約12%)安い1キロ15円前後。雑誌古紙は2円(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り392文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン