製紙各社、古紙買い取り価格1割下げ 8月分から

2012/7/26付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

製紙各社は製紙原料の古紙の買い取り価格を8月1日分から引き下げる。段ボール古紙や雑誌古紙の買い取り価格は7月上旬比で1割程度安くなる。製紙会社の古紙在庫が膨らんだうえ、アジアの古紙価格が低迷している。原料価格の下落で今後、板紙など製品価格に影響しそうだ。

日本製紙や王子製紙が問屋から古紙を買い取る価格(問屋店頭渡し)は段ボール古紙が7月上旬比で2円(約12%)安い1キロ15円前後。雑誌古紙は2円…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]