エコロミスト群像

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

脱原発に転じた東海村の真意 村上村長に聞く 編集委員 滝順一

(1/3ページ)
2012/7/25 7:00
共有
保存
印刷
その他

 茨城県東海村は日本国内で最初に「原子の火」がともった発祥の地だ。昨年の東日本大震災では日本原子力発電の東海第2原子力発電所が津波に襲われたが、大事故には至らなかった。原子力とともに発展した村でありながら、村上達也村長は東海第2の廃炉を求め「脱原発」にかじを切った。その真意を尋ねた。

茨城県東海村の村上達也村長
画像の拡大

茨城県東海村の村上達也村長

 ――東海村は1999年、核燃料加工工場であるジェー・シー・オー(JCO)の臨界事故を経験しました。繰り返す事故に原子力業界の反省が足りないと思われたのが、脱原発の契機だと話されていますね。

 「それもある。安全を軽視する風土は変わっていない。また昨年、原発事故の恐怖をじかに感じたことも大きな理由だ」

 ――東海第2原発の状況に肝を冷やしたということですか。

 「大震災直後は道路や水道の復旧などに追われたが、福島原発の状況には注目していた、15日にはメルトダウンが起きていると思っていたし東海村で観測される放射線が高くなっていた。東海第2については11日夜に原電からファクスの報告が入り始め、炉心の状況がわかっていた。圧力や温度がなかなか下がらないと思ってはいたが、破滅的な状態は避けられるとみていた」

 「寒けがしたのは23日だ。海水が(ポンプエリアの)防潮壁の高さまでわずか70センチまで到達していたと聞いた。非常用電源3台のうち1台がダウンし、もう少しで全電源喪失、福島と同じ事になっていたと知らされた。10キロ圏で約30万人、20キロ圏なら75万人が避難対象になる」

 「原電はよくぞ持ちこたえてくれたと評価したい半面、破滅と紙一重だったのも事実だ。防潮壁は茨城県のハザードマップ見直しを受けて高くし2日前に壁の穴をふさいだばかり。十分に備えがあったから大丈夫だったのだとはとても言えない。原電が安全最優先でやってきたとも思えない」

 ――確かにもうひとつ何か不運なことがあったら、事態は深刻だったかもしれません。しかしあの津波に耐えたのも事実です。

 「日本には技術は世界一だという過信がある。日本人が科学技術で世界に秀でているとは思えないのに、米国で事故が起きたが日本では起きないとか、旧ソ連は労働者のレベルが低いとか、そんな論調が強かったことに以前から危惧していた」

 「すでにJCO事故の時から、米原子力規制委員会(NRC)は原子力の推進と規制を分離すべきだと指摘し私もそう言っていた。当時は科学技術庁に原子力安全委員会と、その事務局である原子力安全局があった。科技庁と文部省と統合で安全規制は経済産業省の原子力安全・保安院に移ったが、分離どころか、ますます推進と一体化した」

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

関連キーワードで検索

村上達也日本原子力発電脱原発

【PR】

エコロミスト群像 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ファーストリテイリングの新田幸弘・グループ執行役員

有害化学物質の全廃、透明性を重視
ファストリの新田グループ執行役員に聞く

 衣料品ブランドの「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは製造プロセスにおける有害化学物質の使用・排出を2020年までに全廃する方針を発表した。国際的に環境保護活動を手掛ける非政府組織(NGO…続き (2013/3/20)

堂脇直城ジャパンブルーエナジー社長

木くずから水素 新技術、燃料電池車に活用
ジャパンブルーエナジーの堂脇社長に聞く

 木くずや下水汚泥などから水素をつくり出す新技術が注目されている。ドイツからの技術導入をもとに実用化技術を磨いてきたベンチャー企業、ジャパンブルーエナジー(東京・千代田)を中核に、岩手県宮古市で水素を…続き (2013/3/6)

菅谷昭・松本市長

チェルノブイリ事故25年以上、現地なお先見えず
松本市の菅谷市長に聞く

 長野県松本市の菅谷(すげのや)昭市長は、外科医として1996年から2001年まで約5年半、ベラルーシに長期滞在し、チェルノブイリ原子力発電所事故(86年)後に多発した小児甲状腺がんの治療にあたるなど…続き (2013/2/20)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

09月24日(日)

  • 自動運転時代到来で、自動車市場は急拡大する 名古屋大学COI未来社会創造機構客員准教授の野辺継男氏に聞く
  • アップルが開発した「ニューラルエンジン」は、人工知能でiPhoneに革新をもたらす
  • 日産と三菱が「EV祭り」フランクフルトショー欠席の理由

日経産業新聞 ピックアップ2017年9月22日付

2017年9月22日付

・レシート、スマホで9割超読み取り、ISP
・薬副作用、iPSで予測 武田、早期に安全性見極め
・花火・海外挙式、VRで体感 近ツー、遠隔地に同時中継
・農作業の負担軽く、電動台車が自動追尾 中西金属工業
・抗がん剤を使いやすく、シンバイオ 米社技術導入…続き

[PR]

関連媒体サイト