/

この記事は会員限定です

岡山県、企業団地を民間主導で整備 空港近くの27万平方メートル

[有料会員限定]

岡山県は新しい企業団地を岡山市内に整備する方針を固めた。岡山空港に近接する27万平方メートルの敷地に、IT(情報技術)企業や製造業など幅広い業種の事業所を誘致する。整備計画を公募した上で敷地も譲渡し、民間主導で開発する方向。東日本大震災以降、災害リスクの分散先として岡山への企業立地ニーズが高まっていることから、公費支出を抑えながら企業誘致を促進する。

同県の企業団地整備は約10年ぶりとなる。23日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り759文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン