2019年6月19日(水)

アスクル、23億円の黒字 12年5月期

2012/7/4付
保存
共有
印刷
その他

アスクルが4日発表した2012年5月期連結決算は、最終損益が23億円の黒字(前の期は10億円の赤字)だった。オフィス用品の販売が好調だったうえ、前の期に計上した東日本大震災関連の特別損失27億円もなくなった。

売上高は8%増の2129億円。オフィス商材の購買を代行する事業が伸びた。オフィス家具や病院向け商材の販売も好調。前期に買収した間接材販売のアルファパーチェスも通期で貢献し、売上高を74億円押し上げた。

経常利益は23%増の65億円だった。増収効果に加え、カタログ製作コストの削減も寄与した。代理店向けの販売奨励金増加や、利益率が低い間接材の販売増を吸収した。

13年5月期は売上高が前期比12%増の2390億円、経常利益は11%増の72億円、純利益は87%増の43億円を見込む。オフィス資材の購買代行は好調が続くとみている。

10月をメドにヤフーと共同で立ち上げる個人向けネット通販事業は、今期に180億円の売上高を見込む。個人向け事業の拡大に向け、全国各地で物流拠点の整備を急ぐ。今期の設備投資は前期の11倍の274億円に膨らむ見通しだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報