2019年1月21日(月)

狭山茶の風評被害賠償、42億円支払いへ 東電

2012/7/3付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京電力福島第1原発事故で昨年、狭山茶から放射性物質が検出され売り上げが大幅に落ち込むなど風評被害が広がった問題で、東電が埼玉県内の茶商や生産者などに42億円の損害賠償を支払う見通しになった。生産者らでつくる狭山茶振興対策協議会は50億円を賠償請求しており、残額については東電が審査中だ。

賠償金の支払いにめどが付いたことで、今後はブランド回復が焦点になりそうだ。

狭山茶は昨年、国の規制値を超える…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報