/

この記事は会員限定です

マクドナルドが全3300店で自動仕入れ 作業時間8割減

[有料会員限定]

日本マクドナルドホールディングスは2013年をめどに店舗からの食材などの発注業務を全3300店で廃止する。店舗の在庫を物流会社に知らせるだけで、必要な食材が自動的に届く仕組みに切り替え、仕入れに関する作業時間を従来よりも8割削減する。従業員の慢性的な人手不足の中で作業を効率化し、待ち時間の短縮など接客サービスを向上する。

マクドナルドの各店で必要な食材や資材はパンやコーヒー豆、カップなど約160...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り637文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません