/

任天堂社長、自身の報酬67%カット 赤字の責任取り

任天堂の岩田聡社長は28日に京都市内で開いた定時株主総会で、自身の2012年3月期の役員報酬が4500万円だったことを明らかにした。同3月期に上場来初の赤字決算を計上した責任をとり、11年3月期の1億3700万円から67%減という大幅な減額となった。

今期の業績は黒字転換する見通しだが、経営環境は引き続き厳しいと判断。今月末の役員賞与を支給しないほか、昨年夏に始めた役員報酬の削減を今期も継続する方針を明らかにした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン