/

オリンピック、食品スーパーを売却

ディスカウントストア大手のオリンピックは28日、食品スーパーのカズン(東京都国分寺市)を同日付で売却したと発表した。スーパー事業強化のため4月に2億円弱で買収したが、「買収前に想定していなかった債務などが発覚した」(オリンピック)とし、経営再建が難しいと判断した。

飲料製造機器開発のサーフテクノ(東京・港)にカズンの全株(720株)を譲渡した。売却額は50万円。カズンは首都圏で食品スーパー9店舗を展開しており、年商は約95億円。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン