/

この記事は会員限定です

中小企業再興へ地銀と連携強化 再生機構が専門部署

[有料会員限定]

官民ファンドの企業再生支援機構は中小企業の支援体制を拡充する。地域金融機関などとの連携を担当する専門部署を新設し、事業再生のノウハウを持つ弁護士や公認会計士、元銀行員などの人材を増やす。中小企業の借入金返済を猶予する中小企業金融円滑化法が来年3月で終了するのに伴い、不良債権が急増するのを防ぐ狙いだ。

地銀や信用金庫、各都道府県の中小企業再生支援協議会などとの連携を深めるため、「中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り191文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン