/

この記事は会員限定です

次世代有機EL開発、先進地めざす福岡県 研究機関を新設へ

[有料会員限定]

福岡県は産学を挙げた取り組みが進む次世代有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)の実用化の支援に乗り出す。レアメタル希少金属)が不要で、発光効率も高い有機ELパネルなどを開発するための研究機関を新設。材料、装置などメーカーを幅広く呼び込み、先端地域に育てる狙いだ。

「我々が開発中の材料を試験してみたい」。次世代有機ELの製品開発を監理する県の外郭団体、福岡県産業・科学技術振興財団(ふくおかIST、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1094文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン