変わる製造ピラミッド 中部 航空宇宙産業が挑む
生みの苦しみ越えて(3) 部品各社「昇格」めざし連携

2012/6/21付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

今春、設計段階から製造段階へと歩を進めた小型旅客機「MRJ」。三菱重工業飛島工場(愛知県飛島村)ではプロペラ機「YS-11」以来、ほぼ半世紀ぶりに国産旅客機の製造が始まる。

三菱重工は、米ボーイングの中型旅客機「787」では主翼を製造する下請けの1次メーカーだったが、MRJでは完成機メーカー。ボーイングや欧エアバスと同じくピラミッドの頂点に立つ。

■一括受注狙う

飛島工場では、生産ラインに素材や寸…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]