/

この記事は会員限定です

日清食品、中国でカップ麺強化 内陸で営業拠点整備

[有料会員限定]

日清食品ホールディングス(HD)は中国で、主力の即席麺「カップヌードル」の販売を強化する。広東省など南部や沿岸部での販売に偏っていたが、内陸や東北に営業拠点を整備する。工場新設も検討する。品質や容器デザインの目新しさを訴え、10代後半~20代の若者を取り込む。3年後にグループの事業規模を現在の700億円から約1千億円への引き上げを目指す。

日清食品HDは1984年に香港、94年に中国本土に進出。計...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り429文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン