サントリー、業務用たる詰め「金麦」 割安感打ち出す

2012/6/19付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

サントリー酒類は9月、割安さで人気の第三のビール「金麦」の業務用製品を発売する。居酒屋チェーンなどの飲食店が対象で、飲み放題など割安感を打ち出すメニュー向けに売り込み、初年度で約9000店の導入を目指す。景気低迷が続くなか、認知度の高いブランドを投入し、顧客の裾野を広げる。

業務用は10、15、20リットル入りのたる詰め製品。まず別の第三のビール「ジョッキ〈生〉」を扱う飲食店向けに販売し、その後…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]