/

不正「B-CAS」摘発 カード販売の容疑者逮捕

京都府警サイバー犯罪対策課は19日、有料のテレビ番組も無料で見られるように不正に書き換えた「B-CASカード」をインターネットオークションで販売したとして、東京都西東京市の自称無職、小林一幸容疑者(43)を不正競争防止法違反の疑いで逮捕した。

府警によると、不正なB-CASカードのネットを通じた販売の摘発は全国初。

逮捕容疑は、不正カードをネットオークションに出品、5月に落札した名古屋市の男性(66)に約6万5千円で販売した疑い。小林容疑者は容疑を認めている。

B-CASカードはデジタル放送を視聴できるテレビなどに付属。有料放送を契約すると、視聴可能な番組や期間などの情報が書き込まれ、視聴制限が解除される仕組み。

カードを発行するビーエス・コンディショナルアクセスシステムズ(東京)によると、カードは約1億8300万枚発行。今年に入り、不正カードが流通していることが判明、不正に書き換える手順を掲載したサイトを5月ごろに確認した。総務省も実態調査に乗り出している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン