/

弘道会会長の保釈決定、保証金は15億円 京都地裁

京都地裁は12日、あいさつ料名目で土木建設業者から計4千万円を脅し取ったとして、恐喝罪で公判中の指定暴力団山口組ナンバー2の弘道会会長、高山清司被告(64)の保釈を決定した。保釈保証金は15億円。

高山被告は2010年12月に起訴。昨年7~10月は病気を理由とした勾留の執行停止が認められ入院した。その後、再び京都拘置所に収容されたが、現在は再び病気のため、勾留の執行停止が認められ、入院中。6月6日に初公判が開かれ、無罪を主張していた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン