/

この記事は会員限定です

キタムラ機械、工作機械本体に炭素繊維 2割安く

[有料会員限定]

マシニングセンター専業のキタムラ機械(富山県高岡市、北村彰浩社長)は主力製品の小型工作機械の本体に、従来の鉄板の代わりに炭素繊維強化樹脂(CFRP)を使った新機種を開発、販売を始めた。部品点数を2割減らすことができ、価格を従来製品より2割安くした。受注が伸びている医療機器や航空機部品の加工向けで、初年度26億円の売り上げを目指す。

開発した新機種は「マイセンター3XG スパークチェンジャー」で、価...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り662文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン