/

この記事は会員限定です

「もてなし」磨く温泉地 カウントダウン北陸新幹線

第2部 観光(2) 共同浴場、相次ぎ新設

[有料会員限定]

北陸3県の主要温泉地が新幹線の開業に照準を定め、首都圏からの個人客の誘客策に知恵を絞り始めた。宿泊や入浴施設のリニューアルといったハード面の整備に加え、北陸ならではのおもてなしを充実させるソフト面の魅力作りを急ぐ。

駅改札で出迎え

石川県の加賀温泉郷で共同浴場の新設ラッシュが起きている。石川県加賀市は4月、柴山潟湖畔の片山津温泉に共同浴場「街湯」を新設した。米ニューヨーク近代美術館の改築設計者として知られる建築家...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1139文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン