弁護士ミスマッチ 本当に就職難なのか
就活と採用の意識にズレ

(1/3ページ)
2012/6/3付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

総務省は4月、年間3千人を目指してきた司法試験の合格者数を見直すよう法務省と文部科学省に勧告した。約2千人が合格する現状でも「弁護士は供給過多で就職難が発生している」としている。確かに法律事務所への入所は難しくなったが、企業や役所など法律家を求める職場は広がっている。本当に弁護士は就職難なのか。

「お客様の相続人を名乗る親類の方から、遺産を自分の口座に移すよう指示されたのですが、法的な相続人とは…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]