植物工場でワイン用ブドウ生産 FT山梨、収穫6倍に

2012/6/3付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

洋菓子製造販売のFT山梨(山梨県韮崎市、古屋浩社長)は2014年度から植物工場でワイン用ブドウの生産を始める。東京農工大学が開発した収穫量を6倍に増やす栽培法を導入。鉢植えのブドウを温度や明るさが異なる部屋に移していき、人為的に1年で四季を2回めぐらせて収穫量を増やす。天候リスクに左右されない安定生産をめざす。

植物工場は生育の早い葉物野菜が中心で、年1回しか収穫できない果樹は珍しい。

微生物技…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]