2019年7月16日(火)

中部電、浜岡原発に原子力の研究所を新設

2012/5/31付
保存
共有
印刷
その他

中部電力は31日、浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)内で原子力関連の研究所を7月1日に新設すると発表した。東京電力福島第1原発の事故を踏まえて、浜岡原発の設備などを活用して原発の安全性向上や廃炉作業の円滑化といった研究に取り組む。

名称は「原子力安全技術研究所」。技術開発本部(名古屋市)傘下の原子力研究チームを新設の研究所に移管し、人員は4人増やして12人にする。研究費は年2億円。原子力関連の研究は他電力との共同やメーカーへの委託が多かったのを、中部電が中心となり取り組む体制に改める。

浜岡原発では1~2号機が廃炉作業中で、今後の本格的な解体作業に備えて円滑な工程管理手法の開発に取り組む。経年劣化した1~2号機の機器を調べ、今後の設備の設計や保守に生かす研究もする。

トリウムを燃料に使う新型原子炉の基礎研究などにも、大学などと連携して着手する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。