横浜市大、科学者育成へ一貫教育 専門分野に早期着手
高校の研究継続 博士前期、1年で

2012/5/30付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

横浜市立大学は高校、大学、大学院の連携による科学者育成事業を始める。大学では高校時代から取り組む理科系の自主研究を継続するほか、独自の専門教育を実施。通常2年間の大学院博士前期課程を1年で終わらせ、より高度な研究に着手させる。早期に専門教育を行い、国内外で通用する科学者を育てる。

「YCU型高大院一貫科学者養成プログラム」を10月から始める。横浜市立横浜サイエンスフロンティア高校(YSFH)出身…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]