/

この記事は会員限定です

和田塾とオプネット、空き教室を相互利用 チケットで受講連携

[有料会員限定]

静岡県西部を地盤とする学習塾の和田塾(浜松市、大場規之社長)と英語教室のオプネット(磐田市、高塚勝久社長)は教室の空いたスペースの相互利用を始める。計7カ所の教室を移転・新設し、教室の稼働率を高める。生徒には両社の授業をそれぞれ受けやすくする。少子化で教育産業を取り巻く環境が厳しくなるなか、連携して競争力を高める。

両社の既存の教室の余ったスペースを活用して、コスト削減と教室新設を同時に進める。例...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り426文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン