「日本は変な国だな」鴻海 シャープの決断(迫真)

2012/5/23付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

3月に入るとシャープと鴻海(ホンハイ)精密工業の交渉は詰めの段階に入った。

シャープ本体への出資は解散請求権が発生しない10%未満。液晶の堺工場の運営会社シャープディスプレイプロダクト(SDP)への出資はシャープと同率とし、生産するパネルの半分を鴻海が買い取る。資本提携の大枠が固まっていく過程で、シャープ会長(当時)の町田勝彦(68)は鴻海董事長の郭台銘(61)に1つの条件を出した。

「郭さん、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]