/

この記事は会員限定です

日本調剤、後発医薬品が初の黒字 13年3月期営業益が10億円強

[有料会員限定]

日本調剤の後発医薬品事業が2013年3月期に初めて黒字となる見通しだ。政府による後発医薬品の普及促進策が追い風となり、自社調剤薬局での取り扱いが増えるほか、他社の調剤薬局での販売も拡大する。同事業部門の営業損益は前期は6億円弱の赤字だったが、今期は10億円強の黒字となる見通し。

日本調剤は05年に後発品事業に参入。10年11月に自社製造を始めた。前期は売上高が81億円と想定の95億...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り189文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン