製造業、電力抑制へ工程見直し 供給網維持に苦闘
電力不安と九州 節電10%の波紋(中)

2012/5/23 13:39
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「工程を全面的に見直して電力消費を抑えられないか」。液卵の国内最大手、イフジ産業の福岡工場(福岡県粕屋町)で消費電力低減に向けたプロジェクトが始動した。

これまで冷蔵保管の工程ではタンクに入った液卵をかき混ぜる羽根を24時間稼働させていたが、7月から断続的な運転に変える。工程を見直した後、品質管理者が液卵を入念にチェックしたところ問題ないと判断した。

4つの大型冷蔵室も、これまでセ氏0度に近い低…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]