/

この記事は会員限定です

東証、株式売買速度を2倍に 7月中旬から

[有料会員限定]

東京証券取引所は7月中旬から、株式の売買速度を1ミリ秒以下と従来の2倍に高める。高速・高頻度取引を手掛けるヘッジファンドなど機関投資家の要望に対応する。

高速・高頻度の取引は東証の売買代金の3割前後に達している。取引の急増を見越し、売買件数の処理能力も拡充する。今回の高速化で東証の売買システム「アローヘッド」の速度は、ニューヨーク証...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り166文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン