/

この記事は会員限定です

九州経済界、節電要請に協力姿勢と不満の声交差

[有料会員限定]

「協力できる」「困難だ」――。九州電力の2010年比10%以上の節電要請と計画停電の準備着手に、企業の反応は分かれた。

九州経済同友会の石原進代表委員は「大停電という不測の事態を避けるため、節電に協力する必要がある」とするコメントを発表した。三菱重工業長崎造船所(長崎市)は電気溶接機など消費電力の多い設備の稼働時間をこまめに調整することなどで10%削減は可能とみている。マックスバリュ九州は約半分の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り504文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン