2017年11月25日(土)

名古屋港に計画の「レゴランド」 ホテル併設、16年春開業

2012/5/17付
保存
共有
印刷
その他

 名古屋港に子ども向けテーマパーク「レゴランド」を核とする複合施設の建設を計画している英GCDS社のV・ナザン最高経営責任者(CEO)が17日、名古屋市内のホテルで記者会見し、200室規模の「レゴホテル」も併設して集客増を図る考えを明らかにした。2016年春のオープンを目標に詳細を決める。

 レゴランドはブロック玩具「レゴ」をメーンにしたテーマパーク。名古屋では金城ふ頭の伊勢湾岸道路・名港中央インターチェンジ付近に建設する計画で、従来は15年の開業を目指していた。実際に完成すれば、今年9月にオープン予定のマレーシアに次ぎアジアで2カ所目となる。

 GCDSグループはレゴランドを世界展開する英マーリン・エンターテインメンツから日本事業を任されている。ナザンCEOは「リテール(小売り)、ダイニング(食事)、エンターテインメント(娯楽)の3つが基本」と話し、大型のショッピングモールやレストランの集積にも意欲を見せた。近く名古屋市内に日本法人を開設する。

 名古屋市の河村たかし市長は同日の定例記者会見で「東京と大阪の真ん中にあるのが名古屋のアドバンテージ」と述べ、今年夏の訪米時にレゴランドを視察する考え。16日には来日したマーリン社のトップから表敬訪問を受け「名古屋のみなさんが期待している。早く造ってください」とお願いしたという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

レゴCEOV・ナザンランドテーマパーク河村たかしGCDS



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報