/

津波で全電源喪失指摘 保安院と東電、06年勉強会で

2004年のスマトラ沖地震を受けて、経済産業省原子力安全・保安院が東京電力など電力会社数社と開いた06年の勉強会で、大規模な津波が発生した場合に原子力発電所の全電源が喪失する可能性が指摘されていたことが15日、わかった。枝野幸男経産相が同日の閣議後の記者会見で明らかにした。勉強会では東電福島第1原発の脆弱性も話題にのぼったという。

この問題を巡っては、14日に開かれた国会の東京電力福島原子力発電所事故調査委員会(黒川清委員長)で、委員が「保安院が06年に電源喪失の危険性を指摘する文書を東電に届けた」と指摘。参考人として出席した東電の勝俣恒久会長が「当時は聞いていなかった」などと証言していた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン