2019年3月19日(火)

電機決算の明暗鮮明 日立最高益、ソニー赤字最大

(1/2ページ)
2012/5/11 3:30
保存
共有
印刷
その他

電機大手の業績で明暗がくっきりと分かれている。日立製作所が10日発表した2012年3月期連結決算は純利益が2期連続で過去最高を更新。一方、同日発表のソニーはテレビ事業不振により同社として過去最大の最終赤字に陥った。構造改革のスピードや、安定収益源を確立できたかで電機大手の好不調が分かれる構図が鮮明だ。

■日立、社会インフラを収益源に

「東日本大震災やタイ洪水の逆風はあったが、4000億円超の営業利益を確保できた」。10日の会見で、日立製作所の中西宏明社長はこう語った。連結営業利益(米国会計基準)は4122億円(前の期比7%減)と電機大手で首位を確保。純利益はハードディスク駆動装置(HDD)事業などの売却益も加わり、過去最高を更新した。

けん引役はプラント関連機器や情報・通信システムなど社会インフラ関連の部門だ。かつて業績の足を引っ張った薄型テレビなどの部門は小幅の赤字にとどまり、収益変動の大きい事業を切り離した効果が収益増となって表れた。

中期経営計画を発表する日立の中西社長(10日、東京都千代田区)

中期経営計画を発表する日立の中西社長(10日、東京都千代田区)

今期も営業利益は2桁増と好調が続く。プラント機器など社会インフラ関連がけん引し、昇降機や建機も新興国向けに伸びる。電力関連も今期は火力発電所向けが伸び、黒字転換する見込みだ。

本業の収益力を示す売上高営業利益率は、かねてから掲げてきた目標の5%を上回る5.3%を見込んでおり、中西社長は「達成の手応えを持っている」と自信をみせている。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他


関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報