臨時祭主に黒田清子さん 式年遷宮迎え、伊勢神宮

2012/5/8付
保存
共有
印刷
その他

伊勢神宮(三重県伊勢市)は7日、20年ごとに社殿を造り替える「式年遷宮」の一連の行事が終わるまで臨時の神宮祭主を設け、天皇家の長女、黒田清子さん(43)が4月26日付で就任したと発表した。天皇陛下の姉の池田厚子さん(81)が務める神宮祭主を補佐する。黒田さんは5月中にも伊勢神宮を参拝し、臨時祭主への就任を報告する。

1300年以上の歴史がある式年遷宮は、現在の正殿から新しい正殿にご神体を移す来年10月の「遷御」で最高潮を迎える。池田さんは1988年に就任したが高齢となり、補佐役を設けることになった。

神宮祭主は、天皇陛下の代わりとして天照大神に仕え、伊勢神宮の神職をまとめる立場。代々、皇族または以前皇族だった人が就任している。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]