/

この記事は会員限定です

グローブライド、高価格帯の釣り具をタイに生産移管

[有料会員限定]

釣り具大手のグローブライドは高価格帯の釣り具の海外生産に乗り出す。アジアの現地工場では中・低価格帯の釣り具を生産しているが、加工精度が求められる高級リールについても生産を日本国内からタイに移管する。釣り人口の減少などで業界を取り巻く環境は厳しく、軽くて硬い高級タイプでも品質を維持しながら価格を抑えるには海外生産が欠かせないと判断した。

同社はタイと中国、ベトナムに工場を構え、主に日本向けの釣り具を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り256文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン