2019年1月24日(木)

春の叙勲4110人 旭日大綬章に堺屋元経企庁長官ら

2012/4/29付
保存
共有
印刷
その他

政府は29日付で、2012年春の叙勲受章者4110人を発表した。旭日大綬章は、堺屋太一(本名・池口小太郎)元経済企画庁長官(76)、大橋洋治全日本空輸会長(72)、島村宜伸元農相(78)、須田寛東海旅客鉄道(JR東海、81)元社長の4人に贈られた。

瑞宝大綬章には阿部博之元東北大学長(75)、松尾稔元名古屋大学長(75)を選んだ。このほかの受章者の内訳は重光章が47人、中綬章が318人、小綬章が985人、双光章が1483人、単光章が1271人。民間人は1772人で全体の43.1%、女性は355人で全体の8.6%だった。

安崎暁元コマツ社長(75)らが旭日重光章、赤尾信敏元駐タイ大使(74)らが瑞宝重光章を受けた。女優の岩下志麻(本名・篠田志麻)さん(71)、狂言師で人間国宝の野村万作(同・野村二朗)さん(80)らには旭日小綬章が贈られた。

別枠の外国人叙勲は47人。インド最大財閥タタ・グループのラタン・タタ会長(74)、英国のメージャー元首相(69)ら5人が旭日大綬章を受章した。

大綬章の親授式と重光章の伝達式は5月8日に皇居で開く。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報