/

この記事は会員限定です

国内牛肉市場には影響なく 米BSE感染牛問題

[有料会員限定]

米国で約6年ぶりにBSE(牛海綿状脳症)感染牛が確認された問題で、25日時点で国内の牛肉相場に影響はほとんど出ていない。日本政府も輸入規制の強化などを検討しておらず、流通に混乱が出るとの見方は少なく、様子を見極めようという姿勢が目立つ。ただ、市場では今後の消費の落ち込みを懸念する声があがる。

米国産牛肉で主力のショートプレート(バラ肉)の卸価格は現在、東京地区で1キロ775円(中心値)。「BSE報...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り280文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン